「体を触られるのは別に嫌じゃないよ」という方や、「むしろ好き!」という方には、セクシーキャバクラをオススメしたいです!
普通のキャバクラとは違い、セクシーなサービスが売りのお店ですので、適正によってはもっと稼げること間違いなし!

1.セクシーキャバクラの特徴


「おっパブ」とも呼ばれるセクキャバですが、そのサービス内容はちょっと独特です。
普通のキャバクラと同じように、お客様との会話を楽しんだり、お酒の相手もするのですが、キスや胸へのお触り、胸舐めもサービス内容に含まれます。
つまりお触りOKのキャバクラということですね!

しかし風俗と違い、下半身へのお触りや、お客様の下半身へのサービスは基本的にありません。
大体30分から1時間の間、お客様とイチャイチャするのがお仕事です。
お触りがある分、時給に関しては普通のキャバクラより高めに設定されていますので、より稼ぎたい方には嬉しいお店ですね!

2.セクシーキャバクラのバリエーション


セクキャバにも種類があり、ソフトなサービスのお店と、ハードなサービスのお店に分けられます。
ソフトなお店では、お客様はお酒を飲みながらキャストの胸を触ることができますが、下半身へのお触りは厳禁です。
中には「サービスタイム」が用意されているお店もあり、店内の照明が落ちるとキャストは上だけ服を脱いでお客様にまたがり、お客様は触りたい放題を楽しめます。

それに対してハードなお店の場合は、指入れを含む下半身へのお触りも許されており、サービスタイム以外でも服を脱ぐことが多いです。
また下半身まで全て脱いでしまった場合、法律に抵触する可能性があるため、下は履いておくお店がほとんどのようですね。
またソフトなお店とは違い、ハードなお店のサービスタイムは40分に1回程度実施されます。その間は当然触られ放題です。

3.セクシーキャバクラで働くメリットとデメリット


セクキャバのメリットはとにかくお金!
風俗とは違うといっても、お触りOKな分、高時給が用意されています。
何と時給「6,000円」からというお店も珍しくありません。
また接客がとにかく楽なところも見のがせないポイントでしょう。

当然お酒はお出ししていますし会話もしますが、お客様のお目当てはお触りです。
ですので、コミュニケーションが苦手な方でも楽々働けちゃいます!
でもやっぱりデメリットも存在するんです…。胸を触られ続けたり、キスをし続けないといけないので、唇が腫れてしまったり乳首が痛くなることがあります。
またどれだけ頑張っても、ヘルスやソープより高い時給にはなりません。