上京して働く魅力は?

地方のキャバクラで働いていた方で、わざわざ上京をして東京のキャバクラで働き始めたという話を聞いたことがあります。
なぜ、わざわざ上京までする必要があるのでしょうか。
今回はその魅力について紹介していきます。

まず、上京してキャバ嬢として働いている方が皆言うのが「時給が全然違う」という事がまず挙げられます。

キャバクラで働く理由の一つ、高時給で働きたいということですから、とにかく高いお給料がほしいという野心をお持ちの方には東京のキャバクラはそれを裏切らないエリアともいえるでしょう。
ある方は過去に地方のキャバで働いていた時には時給2,600円dだったそうですが、現在働いている東京のお店では時給5,500円との事なので大きい差があることがお分かり頂けましたでしょうか。

ただ、全ての東京のキャバクラが高時給ということでもないので、働く女性の能力や勤務日数、お店側の利益次第ということも時給に関係してくるようです。

東京のキャバクラは客層も魅力的

続いての魅力としては来店されるお客様の客層です。
よく耳にするのは、若手の起業家の方々が来店されたり、会社役員の方が来店されたりと、ドリンクやフルーツのオーダー金額が大きいということです。

ドリンクバックがあるお店であれば、注文したドリンクは自分のお給料として返ってくるわけですから、大変魅力的なお客様といえるのではないでしょうか。
これは、特殊ですがあるエリアによっては、有名人が通っているお店だったりとミーハー心が満たされることもあるようです。